親子間の戦争【降参と赦し】

親子間の戦争

爆弾が落とされた焼け野原には花が咲き、索漠とした風景に命が芽生える。父からの「降参」の手紙を最後に、煙と共に呪縛のエネルギーは昇華され、自分の人生を生きる方向転換の時を迎える。

目次

親子間の戦争【降参と赦し】

これはお父様からの「降参」であり「降伏」の申し出なのだと思います。お父様からのお手紙を霊視した感じでは、お父様の「そのままの気持ち」というだけで、裏側に隠してある黒いエネルギーがあるというようには感じられませんでした。

ただ、戦争に例えて慰安婦問題でいえばあなたが韓国側で、原爆投下の問題に例えるならば、原爆を投下された広島市民があなたで、お父様はアメリカ側なのだと思います。

「あの時の戦争の傷でこうなっている」「あの時の責任を取ってほしい」ということをあなたが言い続けているのはわかるのだと思いますが、お父様としてはそのことを詫びるために尽くしてきたつもりで、年齢的にもお父様なりの償いを続けること自体に、すでにエネルギーが残っていないのだと思います。お父様は、ご自分の「旅の終わり」をどこか感じていらっしゃって、この関係自体をもう終わりにしてほしいと降伏してきていらっしゃるのだと思います。

例えばお父様が、「実はあの出来事には、自分の無意識的な嫉妬や支配欲が大きく関係していた。その嫉妬や支配欲が勝手に暴走して、力を持って事態を動かしていたのだ」などというようにご自分を追求して研究して、お父様があなたを縛っていたと新しい発見をもって、あなたに謝罪をしてくる方向に動いていけば、あなたもお父様から「理解された」というように心が癒され始めるのかもしれません。しかし、そうするにはもうお父様にはエネルギーが残っていないのだと思います。

誰もに当てはまることですが、自分の心の無意識的なエネルギーに気付いて、自分の悪いところを改めて浄化して手放すことができれば、その人自身の魂が磨かれますし、霊格も上がります。そして、親しい人たちとの関係も好転し、それが理想的な進化の方向ではあるのだと思います。

しかし、お父様にとって、人生をかけて行ってきた「悟りに向かうためのワーク」は、今のレベルをもって終了するしかなく、時間切れが迫っているのだと、お父様ご自身が肌で感じるようになり「これ以上は諦めてください」と降参なさってきたのだと思います。今回大事なことは、お父様のこうした降参を、あなたがどのような形で受け入れるのかということになるものと思います。

現状をタロットで占う

  タロット占いー束縛

それについて今回は、カードも使って伝わりやすい形でお伝えしたいと思います。

まず、上の二枚は「親のコントロール」と「束縛」を表しています。長きに渡ってこの状態が続き、あなたの心を縛り付けているのだと思います。あなたがこうしたご状態になり、自由に動けないことが苦しくて、しかしそれをどのように突破すればよいのかもわからずに、あなたは過去の出来事をそのまま持ってきて、お父様に訴え続けてきたのだと思います。

例えるならば、原爆投下によって人生を滅茶苦茶にされた人が、アメリカ側に「顔のケロイドのせいで結婚できない」とか「大事な家族を失った」と言い続けてきたようなことなのだと思います。

訴える方にしてみれば、戦後何十年経ったところで、その記憶は鮮明で、実際にそうした出来事が原因で人生が前に進まなくなってしまったのでそれを訴えるのですが、やった側にしてみれば、火傷のケロイドの治療費の負担や、生活の面倒を見るということ以外にできることはなく、戦後何十年と経つうちに、「過ぎたこと」として記憶も風化していくのだと思います。

まして、失った家族のことを言い続けられても、それを元に戻すようなこともできないし、お手上げの状態となっていくのだと思います。しかし、被害者側としては、お手上げだと言われたところでその傷が消えてなくなるわけでもなく、その出来事を抱えたままで、やはり人生を続けていかなければならないのが現実なのだと思います。それが今回お父様とあなたのご関係のひとつの「結論」となって、目の前に提示されたのだと思います。

しかし、このようにあなたの心の中から呪縛が消えてなくなったわけではなく、心はこれまで通りに親の呪縛にかかっているので、あなたの方としても、お父様に「お手上げだ」と言われたところで、この先どのようにして人生を開拓すればよいのか途方に暮れてしまうのではないでしょうか。

解決策をタロットで占う

 創造性 参加

そこで、次の二枚のカードを見ていただきたいのですが、左側のカードは、あなたの才能を表し、右側のカードは、あなたの本当の仲間たちの存在を表しています。

もし、あなたがお父様の今回の降伏を受け入れるならば、あなたは、同時にご自分の才能を生かして、ご自分の世界を立ち上げて、ご自分の仲間たちとの理解の中で生きなければ、どうしてもまたご両親の支配下に引っ張られてしまうというのが今回現れた内容です。

ご両親は、無意識的にあなたを支配下に引っ張り込みますし、一度できあがった関係を変えるということ自体が、誰にとっても至難の業で、やっている方としても自動的にまたその関係へと、加害者側でさえ引っ張られてしまうものなのだと思います。

ですので、あなたがこれまで通りの生き方を続けたままでは、お父様の降伏を受け入れることはできないものと思います。この降伏を、あなたの「敗北」という形で終わらせないためには、あなたの新しい生き方が絶対の条件として必要なのだと思います。今できる小さなことからであなたの才能を生かして、ご自分の人生を立ち上げていくという方向で、エネルギーのシフトチェンジをなさるというのが一番の解決策になるのだと思います。

お父様とのご関係の改善や、これからどのような形で繋がっていくのかを、本気で考え本気で望みたいと思われるならば、お父様に気持ちを向けていくのではなく、お父様から気持ちを切り離して「自分の人生を楽しむ」「自分の人生を生きる」という方向に方向転換しなければ、この問題の本当の答えは出ないままで、時間の解決による不発で、なんとなく曇ったままで人生が終わることになりかねないというのが、今現れている未来の形なのだと思います。

大事な、人生の変わり目に立っていらっしゃるのだと思いますし、全体的に大きく変わる人がたくさん目立つという時代の中で、あなたもまた例にもれずに、大きく変化なさるのではないかと感じております。

無料会員登録

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる