愛犬を看取れなかったママへ~亡くなったペットの気持ち

 

ペットの気持ち、愛犬の最後の気持ち

 

どんどん元気がなくなって衰えていく自分、動けなくなった姿をママに見せたくなかった。どこかに身を隠して息を引き取りたかった。

 

体が動かなくてどうしようもなくなっていた間に、いろんなことを考えてたよ。 今までママと過ごした日々、色々な思い出を振り返ってた。 思い出すと幸せなことばっかりだったよ。その幸せな思い出に包まれて、本当に幸せだった。

 

ママへの感謝で心が満たされ、ママへの愛が溢れ出し、たくさんの楽しかった思い出と共に、温かい光に包まれて…

 

ママと出会えて本当に良かった。本当に楽しい日々だった。 本当に大好きで本当に幸せで、ママから受けた愛を胸いっぱいに詰め込んで…

 

私が旅立ってしまったこと、肉体が滅びてしまったことも、こうなるべくしてなったんだよ。

 

どうか自分を責めないで。もっとこうすればよかった、ああすればよかった、そんな風に考える必要は全くないんだよ。ママは何も悪くない。

 

だから笑顔でいてね。大好きだよ。ママは本当に私に良くしてくれた。本当に精一杯頑張ってくれた。本当に感謝してるよ。ありがとう。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる