【赦し】賢く生きるための知恵

赦しへの道

その人を100%受け入れようと思わなくていいのです。100%を受け入れようとするから裏切りを受けるのです。

その人の中の、ほんのひとつかふたつ光るところ、仏さまの部分が見えれば、その人のひとつかふたつ、光の部分、仏さまの部分を好きになれば、全部は受け入れなくてもそれで充分なのです。

 そのやり方で生きることが「赦し」の方向であり、「自立」の生き方なのです。

光と闇が存在する混沌とした人間社会で、いかに上手く生きていくか?今回の占い人生相談は、賢く生きる知恵について触れてみたいと思います。

目次

【赦す生き方】賢く生きる知恵

人間には、誰にも等しく天使性が備わっていて、人の心には誰にでも必ず、仏さまが居座っているのです。しかし、それが全部という人は皆無(かいむ)で、人の心には必ず悪魔性が潜んでおり、魔物もまた居座っているのです。

 

あなたを苦しめている過去の記憶とは、相手のそうした魔物や悪魔の仕業、自分へと向けられた理不尽な攻撃のことなのですね。それは、段々には浄化されていくものの、消えてなくなることはないのです。

 

この世界は、光と闇が両方あって成り立っていますから、その中で、自分自身がいかに仏さまに近づく事ができるか、できることはそれだけで、やるべきことはそれだけなのですね。

 

それでも、この世界に生まれたからには、上手に生きていかなければなりません。相手の「悪魔性」は、消えてなくなることはないので、警戒したままで全部を受け入れなくてよいのです。ご自分に良くしてくれる時にだけ、相手が仏さまの一面を見せてくれた時にだけ信頼を寄せて、感謝の気持ちを向けてください。

 

そしてこれは、あなたの人生がもっと良くなるための智慧なのですが、相手が仏さまの一面を見せてくれた時には、悪魔の存在のことは一瞬だけ綺麗に忘れて、100%の信頼と感謝の気持ちを向けてほしいのです。それは一瞬だけでよいのです。いつでも一瞬だけ、頑張ってみてください。

 

それが、相手の中の「悪魔性」を浄化し、仏さまをもっと強く大きく育てますので、巡り巡ってその恩恵がまたあなたへと戻って来ると思います。

無料登録して占う

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる