多重人格が裏の顔を自覚できない理由は?

占い相談ー多重人格

一人の人間の中に、相矛盾する人格が存在している。まるで独立した人格が入れ替わるかのように振舞う多重人格。多重人格や解離性障害というのは、心の中で奇妙な闘いが繰り広げられているようです。中でも、ジキルとハイドのように、対照的な人格が共存するケースは特に興味深いものです。

この記事では、占いを通じて、いい人の仮面をつけた多重人格者が、自分の裏の顔を自覚できない理由を探求します。

目次

多重人格が裏の顔を自覚できない理由とは?

相談者:彼は、過去の記憶を無意識の世界に放り込み、知らないことにして生きているように見えます。その理由は、我が子を虐げてきた自分の裏の顔と向き合えないし、向き合いたくない、また、過去の事実を見たくないからなのだと思います。

彼が自分の裏の顔を自覚できないのは、彼が自分の世界でしてきた事実を本当のこととして認めてしまえば、辛すぎて生きていくことができないからなのでしょうか?

ココナラ占い師:彼が裏の顔に気づかないのは何故か?それはまず、その事実を受け止めることのできるほど彼の心が成長していないということ。そして、彼の心が強くないということ、心というものがそうできているためです。

また、こうした自分の「裏の顔」を見てしまったら、辛すぎて自ら命を絶ってしまうくらいのショックを受ける可能性があるので、心がこれを防御する意味もあり、気付かないように彼の命を守っているのだと思います。心とは、非常に複雑にできている未開の宇宙のような存在です。

もし、あなた自身が内なる闇や複雑さに取り憑かれているなら、占いを通じて新たな気づきを得てみてはいかがでしょうか?ココナラメール占いは、あなたの内なる謎を解き明かし、人生に前向きな変化をもたらすでしょう。

\お名前・電話番号の入力不要。無料会員登録はこちら /

占い相談ー多重人格

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる