死の間際に思うこと

 

死の間際の悟り

 

Our entire life flashes in front of our eyes the second before we die.

 

あの世へと旅立つ直前の死の間際に、人生が走馬灯のように駆け巡る。

 

心臓が止まり、死に至るまでのわずかな間にチャクラは整い、脳の活動はこれまでになく活発になる。

 

精神状態は最大限に高まり、人はそこで創造性に触れる。

 

そのわずか数秒の間に、自分が生きてきた人生が、これまでの人生のすべてが脳裏を駆け巡る。白い光さえも見えてくるだろう。

 

死の直前に、私たちの創造性はマックスの状態となって、人はあの世へと旅立つ。そして、私たちは悟るのです。

 

『自分がやりたかったこと、やろうと思ったことは、本当は全て可能だった』ということを。

 

『これをやっておけば良かった。これも、あれも…何故あの時に…』死の直前になって、それらの想いが脳裏に浮かんでは消えていく。

 

本当はできるのにと、死の間際に後悔しながら死んでいく。だから、輪廻が止まらないのです。

 

興味を持つのは、やれることだから。興味を持ったことは、自分のもの。やりたいことは全て自分のもの。

 

自分なんかダメだなんて思う必要はないのです。

 

やりたいと思ったなら、何でもやってみよう。前向きに楽しむ方向へ。自分に革命を起こして、進んで行こう。

 

Since I saw my life flash before my eyes…

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる