生きづらさとココナラ占い:人間不信からの救済と新たな視点

人間嫌いを占う

私は、人間社会を離れているところから見ている感覚があります。まるで、自分と他者との間に透明なガラスの壁があって、自分は人とは別の世界に生きている感覚です。このような状態を、どう解釈したらよいのでしょうか?

この記事では、生きづらさや人間不信に悩む方に向けて、ココナラ占いを通じて新たな視点を提供し、解決策を提示します。

目次

生きづらさの背後にある原因をココナラで占う

過去にご両親によって心を傷つけられ続けたことで、あなたは重度な人間不信に陥っていらっしゃるのだと思います。ご両親から受けた精神的な傷は、人間不信や生きづらさの原因となり、他者に対する恐れや不安を引き起こすことはよくあります。

また、傷ついた心から逃げたいという想念が、あなたの元々の霊媒体質と合わさって、身体から魂が抜けやすく、異次元とこの三次元の世界とを行き来できるような体質になり、そのことで生きにくさを感じ続けていらっしゃるのだと思います。

霊媒体質の人は、物理的な次元とスピリチュアルな次元との接触が比較的容易です。直感や感受性が高く、スピリチュアルな経験に敏感な人々によく見られます。あなたは霊媒体質としての資質を持つことで、異なる次元やエネルギーを感知し、理解する能力があるのです。

しかし、この資質が生きにくさをもたらすこともあります。異次元との接触が頻繁であると、日常の現実において安定感が損なわれることがあるためです。また、他者とのコミュニケーションにおいて、異なる次元の情報やエネルギーを受け取ることがあるため、人間関係が複雑になることもあります。

透明なガラスの壁というのも、子供の頃にあなたの感情や精神の安全を確保しようと、自己防御のためにご自身で用意なさった「防壁」なのだと思います。それは、一時的には有効であっても、「防壁」が存在することで、他者との深いつながりを築くことが難しくなり、感情的な距離が生じます。

これはあなたの本質的な性格ではなく、過去の傷に対する一時的な対処策であったと理解することが重要です。そして、無理に「防壁」を取り外す必要はなありません。この壁を認識し、適切な方法で扱うことが大切です。

また、これは単純に宇宙の法則を見ていただきたいのですが、私たちはワンネスという存在で、本質的には「人と繋がり合いたい」という本能的な欲求を持っているのです。ただ、子供の頃に親に傷つけられた心の傷が疼いて、その症状として「人が嫌い」だという感覚が自分の中から湧いてきているのです。

私たちはの元々の存在としては、他のみんなと「ワンネス」として全く同じものを与えられているのです。人と親密に接することができないことを苦しく感じられるのは、こうした事情やカルマやトラウマをすべて取り払ったところに「ワンネスを求める真我」があるためであり、「繋がり合いたい」という本能を持っているために苦しくなるのです。

あなたの悩みを解決するために寄り添ってくれる人がココナラメール占いにいます。あなたも繋がってみませんか?ココナラ占いは、あなたのお悩み解決への一歩を応援してくれます。占いを通じて、過去の傷を癒し、新たな視点を得ることができます。人間不信や生きづらさから抜け出し、ワンネスを感じる人生への一歩を踏み出してみましょう。

\ 1分以内に完了!無料会員登録はこちら/

人間嫌いを占う

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる