HSP、人間嫌いを占う~どん底から見えた答えは昇華とワンネス

人間嫌いを占う

私は、人間が嫌いなのだという思いに煩わされています。そして、人間社会を離れているところから見ている感覚があります。まるで、自分と他者との間に透明なガラスの壁があって、自分は人とは別の世界に生きている感覚です。このような状態を、どう解釈したらよいのでしょうか? 

今回の占い人生相談は、このような質問に答えます。

目次

HSP、人間嫌いのどん底から這い上がる~占いで見えた答えは昇華とワンネス

あなたに起きていることは、過去にご両親によって心を傷つけられ続けたことで、あなたが重症な人間不信に陥っていらっしゃるのだということなのだと思います。

また、傷ついた心から逃げたいという想念が、あなたの元々の霊媒体質と合わさって、身体から魂が抜けやすく、異次元とこの三次元の世界とを行き来できるような体質になり、そのことで生きにくさを感じ続けていらっしゃるのだと思います。

体からちょっと浮いた感じがあって、浮世離れしている感じ。魂が宇宙に飛び出して、地球を見下ろしているような感覚もあります。

そして、あなたは人間が嫌いなのではなくて、ご両親のことが嫌いで、今でもご両親への憎しみと恨みに心を支配されているのだと思います。その憎しみや恨みの感情が、あなたの本質、真我、魂のエネルギーと波長が合わないので、これをあなたの宇宙が「否自己」とみなして、外に排出しようと自然治癒力を発動しているのだと思います。

「これは否自己だ」と自分自身が気付くためには、まずは異物を認識しなければなりません。例えば、嫌がらせをしてくる隣人さんが、あなたの目の前に出現した理由の一つはそれなのだと思います。その隣人夫妻は、あなたの心の中のご両親を投影した「影」なのだと思います。

透明なガラスの壁というのも、子供の頃に防御のためにご自身で用意なさった「防壁」なのだと思いますし、無理に取り外す必要はないものと思います。ただ、それらは、あなたの気質がそれを助長する方向に手伝ってしまっているというだけで、それ自体があなたの本質ではないのだということです。

これは単純に宇宙の法則を見ていただきたいのですが、私たちはワンネスという存在ですので、本質的には「人と繋がり合いたい」という本能的な欲求を持っているのです。ただ、子供の頃に親に傷つけられた心の傷が疼(うず)いて、その症状として「人が嫌い」だという感覚が自分の中から湧いてきているのです。

私たちはの元々の存在としては、他のみんなと「ワンネス」として全く同じものを与えられているのです。人と親密に接することができないことを苦しく感じられるのは、こうした事情やカルマやトラウマをすべて取り払ったところに「ワンネスを求める真我」があるためであり、「繋がり合いたい」という本能を持っているために苦しくなるのです。

この地球に生まれて人間を学び、人間というものはどんな時に悩み苦しみ、どんな時に自分を見失ってしまうのか、身をもって体現してきました。

そういった人間の苦しみや先祖から受け継がれてきた虐待の連鎖を外していくこと、昇華させていくことが、私たちの役目でもあるように感じます。

「どうしたら、この難問を解き明かせるのか?」

問題にぶちあたったら、視点を高くして、意識レベルの高いところから物事を眺めてみることで、出口が見えてくるのだと思います。

あなたの悩みや心の苦しみ。一緒に考えてくれる人がいます。あなたの悩みを解決するために寄り添ってくれる人がココナラメール占いにいますあなたも繋がってみませんか?

ココナラ占いは、あなたのお悩み解決への一歩を応援してくれます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる