【オラクルカードで占う】言いようのない寂しさ~孤独を癒す方法とは?

strangely-lonely

あなたの日常生活で感じる感情に耳を傾けてみてください。今日、オラクルカードから引いたカードは、「言いようのない寂しさ」を象徴しています。このカードが意味するところは、あなたが慢性的な孤独感に抱えているかもしれないことです。

言いようのない寂しさ。その根源にあるものは何でしょうか?どうしたら孤独を癒せるのでしょうか?

この記事では、このような疑問に答えます。ココナラメール占いで引いたオラクルカードのメッセージとスピリチュアルな視点から、「言いようのない寂しさ」と孤独を克服する方法についてお伝えします。

目次

【 オラクルカードで占う】言いようのない寂しさ、孤独を癒す方法

このカードは、「必死にしがみつく」というメッセージを持っています。これは、大人になりかけた幼児が、安心毛布を手放せないといった意味のカードです。安心毛布は、自分だけの特別なものであり、これを手放すことが難しいことがあります。スヌーピーのチャーリーブラウンが、安心毛布をいつも持ち歩いていたのを思い出してみてください

あなたにとっての『安心毛布』とは、何でしょうか?もう、いらなくなったけれど、手放したくても手放せないものかもしれません。自転車で例えるなら、『補助輪』のようなものかもしれませんね。

この「しがみつく感情」は、過去の傷やトラウマに由来していることがあります。その結果、私たちは過去の痛みにしがみつき、新しい経験や関係に対する壁を築いてしまうことがあります。

また、自己評価や自己価値感の低さも、「必死にしがみつく」要因となります。自分に対する評価が低い場合、他人からの承認を求め、成功や成果に執着し、他人と比較して自分を評価することがあります。この状態を克服するためには、自分を許し、自己受容のプロセスが必要です。

過去の関係に対する依存的な感情も、手放しにくいものです。過去の恋愛関係や友情が終わったにもかかわらず、感情的なつながりを保とうとすることがありますが、この依存が新しい経験や関係を阻害する障壁となります。

こういった状況下で、「魂の家族」とのつながりを感じにくくなり、他者との真のつながりを見逃すことがあります。しかし、現実を認識することで新たな視点が開かれ、必死にしがみつく感情やバリアを手放し、新たな可能性を模索する第一歩となります

言いようのない寂しさを解き放つ

「言いようのない寂しさ」は、魂の源泉である光から遠ざかっている結果生じるものです。私たちは、魂の源泉から分かれて、肉体を持つことで、自己と他者の意識が芽生えました。そのため、無意識に心の底で虚しさや寂しさを感じてしまうのです。

の源泉は、私たちが生まれる前から持っている特別なエネルギーや力です。これは、私たちの心や魂が宇宙全体とつながっている一部であることを意味します。この魂の源泉とのつながりを感じることは、自己を理解し、内なる平和を見つけるのに役立ちます。この源泉から受ける愛と力は、日々の困難に立ち向かうのに助けとなり、幸せを見つける手助けとなるのです。

光の源泉は私たちに語りかけています。「あなたは、経験するすべての出来事を、あなたは愛され許され生まれてきたのです。私を探さなくても、私を求めなくても、あなたは今も私と共にあります。思い出してください。私もあなたも全ては一つで、光の源泉そのものなのだということを」。

このカードを引いたあなたは、孤独は学びきって、卒業の時期が訪れたのでしょう。孤独を学んだあなただからこそ、嘘のない本当の『家族』を築けるのです。大抵の人が『幸せ』なのではなくて、『幸せのふり』をしているだけなのです。正直に人生を切り開くあなたは、本物をつかむまで妥協しないことでしょう。

あなたが「言いようのない寂しさ」や孤独を感じているなら、ココナラメール占いを試してみてはいかがでしょうか?占い師からのアドバイスを受けながら、心の安定と内なる平和を見つける手助けをしてくれるでしょう。新しい可能性を探るために、今すぐココナラメール占いを試してみてください。

\ 1分以内に完了!無料会員登録はこちら/

言いようのない寂しさ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる