占い師の闇:低級霊が紡ぐ罠とその見破り方

ガイドからのメッセージ

 「ガイドからのメッセージを受け取り、あなたにお届けします」――そんな占い師の言葉に惹かれ、私も占いの世界に足を踏み入れました。しかし、その先に待ち受けていたのは、低級霊に操られた占い師の陰謀でした。今回は、占い体験を通じて、「低級霊が憑いている占い師の見分け方」についてご紹介します。

目次

低級霊(低レベルのガイド)が憑いている占い師の見分け方

低級霊が憑いている占い師を見分ける方法

 低級霊は、占い師に憑依することで自らの目的を果たそうとします。低級霊は、ある程度の霊力を人間に貸してくれるので、占いが当たる時は当たりますが、その霊力にはブレがあります。メッセージを伝えている側としては、本当に自分にガイドがついていて、自分にも霊能力があると思い込んでいるので、もっともらしい事を言ったりしますこれが低レベルのガイドによる占いの落とし穴です。

受け取るメッセージが光ではなく、闇のエネルギーであれば、受け取った時に何だか分からないけど、ぐっと落ち込みます。相談者は重い感覚に襲われることでしょう。

しかし、占い師が言っていることは思い当たるフシがあるし、とても理にかなっています。占い師自身も、愛に溢れた人であるかのように振舞っていますが、その裏にあるエネルギーが、何かとても腑に落ちなくて、違和感を感じることでしょう。

低レベルのガイドというのは、正体がバレては人の心をひきつけることができないため、善霊になりすましています。低級霊はなりすますことに長けているので、見破るのは容易ではありません。

占い師に憑いた低級霊は智慧や光を分け与えているようにみえて、実は相談者の光を食べているのです。メッセージを受け取った側の相談者は、そこに闇を詰められているような、闇を植え付けられているような感覚がするでしょう。

低次元の存在は、光の玉を見ると追いかけてくるくらい、光が好きなのです。自分のコミュニティの中に入れみたいな感じで、光を集めているような存在なのです。

そのように、相談者の光を肥やしにしている占い師も中には存在します。そもそも、低レベルのガイドが憑く占い師は、心に何らかの問題を抱えていたり、低レベルのガイドと同じ目的をはらんでいたりするわけですね。

低レベルのガイドは、人を支配したいとか富を得たいといった、人間に近いエゴを持っています。

低級霊の道具に成り下がってしまっている霊能者は、人には霊的真理を語りながら、やっていることは巨額の富を得ることだったりします。信者や師弟関係を増やしたり、人をコントロールして、大きなコミュニティを作りたがる傾向があります。

師弟という縦の繋がり、上下関係や主従関係の中に、低級霊の特徴でもある支配したいという支配欲が見え隠れしています。

また、中には生まれつき霊能者としての素質があるわけではなく、意図的に無理やり霊を自分に憑けて、霊能力を獲得した占い師もいます。滝行や断食をすると体が衰弱し、霊が憑きやすくなります。そうした不自然な訓練を繰り返した末に、終いには強力な低級霊に寄り憑かれて、霊能力を獲得することがあります。

そのような低級霊は物質的な力が強いので、ある程度願い事を叶えたり、超能力を現したりします。低レベルのガイドでも、占いが当たらないわけではないですが、リピートするうちに、どんどん自分の中の光を奪い取られて、そこへ闇を植え付けられて、気づいたときには洗脳されていることは十分にあり得ます。

彼らは弱っているところにつけ込んできます。途中で違和感を感じたり何かおかしいと気づいたら、自分の心の声に従って、距離を置くことも対処の一つですね。そして、良いものだけと繋がれるように、日々ポジティブでいることを心がけましょう。

今回は、低級霊が憑いている占い師についてお伝えしましたが、安心して信頼できる占い師もたくさんいます。ココナラメール占いでは、「人のお役に立ちたい」との想いから、低料金で実力派の占い師が鑑定してくれます。ぜひ、あなたに合った素敵な占い師を見つけてくださいね。

\ 1分以内に完了!無料会員登録はこちら/

低級霊が憑いている占い師を見分ける方法

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる