霊視できない原因は?【霊視しても視えないわけ】

霊視できない原因は?

霊感や霊視を通じた占いで、時に「見えない」「読めない」といわれた経験をしたことはありませんか?それには理由があります。この記事では、霊視ができない背景にある2つの主な要因について深く探っていきます。

目次

霊視できない2つの原因

霊視できなかったり、霊視しづらいなど、霊視しても視えてこない人がいます。その原因は、主に2つのパターンがあります。

相談者が心を開いていない場合

霊感を持つ占い師が相談者の霊視を行う際、相手が占い師を信頼していない、心を開いていないと、情報がうまく伝わりにくくなることがあります。占い師の能力を試そうとしたり特定の回答を引き出そうとしたりすると、本来のメッセージが遮られ、結果的に霊視がうまくいかないことがあります。

私自身も、「相手の心が厳重に鍵が掛かっていて、霊視できない」と言われた経験があります。相手が本音を見せない場合、霊視にも影響を与えることがあるのです。

 守護霊が霊視をさせない場合

霊視は、相手の過去や魂の状態などを教えてくれるものですが、時には守護霊が霊視を制限することもあります。これは、相談者が特別重要な時期にある場合、相談者を守るため、または霊視が相談者のためにならないと判断された場合です。

守護霊が何度もメッセージを送っても、必要な行動や努力をせず、改善する気がない場合は、守護霊も諦めて、何も答えてくれないそうです。相談者自身が、守護霊からのメッセージを受け入れようとしない場合、霊能者の力が及ぶことは難しいのです。

霊視できない背景には、相談者の心理的な状態や守護霊の介入など、様々な要因が関与しています。霊視ができるかどうかは占い師の能力だけでなく、相性や相談者自身の受け入れ態勢にも左右されます。

霊感霊視での占いを体験してみたい方は、ココナラメール占いをご利用ください。気軽に相談できる価格設定で、自分に合った占い師を見つけることができます。霊視の可能性を探りたい方は、ぜひお試しください。

\ 1分以内に完了!無料会員登録はこちら/

霊視できない原因は?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる