霊感が開いたきっかけをココナラ占い師に聞いてみた

 

霊感とは、私たちが持つ霊的な感受性の一つであり、その開花は年齢や出来事によってさまざまな形で訪れるものです。今回は、ココナラ占いに所属する霊感霊視や霊聴の占い師が、どのようにして霊感が開かれたのか、その背後にあるきっかけについて語ってくれました。

実際の占い師の体験を通じて、その霊感が開かれた経緯やその後の活用方法を紐解いてみましょう。

目次

霊感霊視・霊聴が当たる占い師に「霊感が開いたきっかけ」を聞いてみた

ココナラ占いには、特別な能力を持つ占い師が在籍しています。その中でも、霊感が開かれた経験を持つ占い師の話を聞くことができました。霊感が開かれるきっかけは人それぞれ、奇跡的な出来事や人生の転機によって引き起こされることがあります。

霊感が開かれたきっかけ

ある占い師は、実家から離れて10年以上経ってから霊感が開かれたと語ります。親との決別を決意したタイミングで、突然、パッと霊感が開いたとのことです。嫁ぎ先での先祖供養を行う中で、霊感の覚醒が訪れ、この占い師は、嫁ぎ先の先祖が自身を支えてくれたことに感謝し、その霊感の力を活かす使命を感じています。

占い師:嫁いだ先の先祖供養を、義理のお母さんと一緒にするようになったら突然、霊感が開いたんですね。だから、助けてもらったなって意識があるんです。嫁ぎ先の先祖が良かったから。嫁いで親との決別をして霊感が開いて、霊感のコントロールをして、この占い師のお仕事に就けるようになったんです。

実の親との決別と嫁ぎ先の先祖供養がきっかけで、霊感が開き、結婚を機に名字が変わり、相手方のご先祖様に見守られることになったんですね。

高次元と低次元の存在

一方、霊感が開かれる契機として心霊スポットへ足を運んだ人もいます。その後、不思議なものが見えるようになったと報告しています。しかしこのような体験が高次元の存在だけと繋がるものではないことも事実です。低次元の存在も視えるため、霊感をコントロールすることも必要で、高次の存在と繋がるためには、波動を整え現実の世界でしっかり生きていくことも必要なのです。

ココナラ占いの魅力

迷路のような状況を、闇の闇まで視通すココナラ占いの占い師の霊感は、相談者の問題や悩みを深く洞察し、解決へ導く力を秘めています。こうした占い師の霊感が開かれたのは、人助けができるからこそであり、その情熱が鑑定の質を高めていると実感できることでしょう。

信頼できる占い師の選び方

このようにココナラ占いでは、本物の霊能力を持ち、その能力を人助けのために役立て、人々の幸福を願いつつ占い師として活躍する方々が確かに存在します。

しかし、一方で低級霊に影響を受ける占い師も存在し、信頼できる占いを受けるためには、真偽を見極め、信頼できる占い師を選ぶことが大切です。あなたの人生に寄り添い、前向きな指針を授けてくれる占い師に出会えることを願っています。

まとめ

霊感が開かれる体験は、占い師たちにとって特別な瞬間です。その力を活かし、相談者のの幸福に貢献することが彼らの使命です。あなたも占い師の力を借りて、人生を豊かに導く一歩を踏み出してみませんか? ココナラ占いの占い師たちが、あなたの疑問や悩みに寄り添い、前向きな方向へ導いてくれることを体験してみてください。

ココナラ占いの鑑定を受けることで、占い師たちが、あなたの人生に新たな光を与えることでしょう。詳細はココナラのウェブサイトでご確認いただけます。

\ 今すぐメール相談 |ココナラなら500円から /

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる